2009年 07月 06日
オオヤマレンゲを撮りに行く!!
オオヤマレンゲを撮りに行ってきました。
この花は、近畿地方では八経ヶ岳の弥山側と明星側、狼平周辺に残すだけのようです。植物園のではなくて自生している姿をカメラに収めたくなり日頃の運動不足も何のその。
その花は、弥山から八経ヶ岳(1914.9m)に至る登山道脇に白く可憐な姿で咲いていました。やや、うつむき加減に恥ずかしそうに咲く姿は「乙女」のようでした。

慣れない山登りと言うこともあり、機材は軽量なistDsにZeissフレクトゴン35mmとZeissパンカラー80mmです。

弥山山頂付近の白骨林(フレクトゴン35mm)
c0193947_1628177.jpg





こんな感じで、咲いています。(パンカラー80mm)
c0193947_16325671.jpg

蕾から開花までの三態(パンカラー80mm)
c0193947_1634548.jpg

c0193947_16342312.jpg
c0193947_16344038.jpg

折角でしたので、こんな写真(大普賢岳?)も撮りました。(フレクトゴン35mm)
c0193947_16365375.jpg

[PR]

by wakaba_19mg | 2009-07-06 16:48 | M42Lenses | Comments(2)
Commented by qchan1531 at 2009-07-07 21:05
パンカラーはDSのほうがバランスがいいですかね。
(私はDS2ですが、色合いで補ってくれているように思います)
K10Dだと、アンバーが強調気味で、
気がつくと木造のお寺さん撮影ばかりになってます。(笑)
フレクトゴンは食べ物がいいですよ。最高です。
Commented by wakaba_19mg at 2009-07-08 19:32
レンズによるかも知れませんが、K10Dでは露出がばらつくようでしたのでM42マウントレンズはDs専用になりました。
K20Dでは試していませんので、手持ちのM42マウントレンズの写りを確認してみますネ。
久しぶりのDsでしたが、K20Dより「写真を撮っている」感じが強かったです。


<< 紫陽花を撮りに行く!!      ぼ~えんでハス撮りⅠ >>