2009年 02月 25日
花鳥の鳥
引き続き「花鳥の鳥」を紹介します。普段見ることができない鳥たちを撮影することが出来ましたが、野生の中での表情をみてみたいものです。
80-200mmのズームレンズを持参しましたが、気が付けばずっとテレ端で撮っていました。
「ケープペンギン」銅像のように、じっとしていてくれると助かります。何を考えているのでしょうか?
c0193947_20562930.jpg





「リビングストーンエボシドリ」生息地アフリカ。目が横に付いています。正面から見れば、ペッタンコ。頭の厚みがありません。
c0193947_2101926.jpg

「アフリカワシミミズク」最初、フクロウとミミズクの区別が付きませんでしたが、分かります?
c0193947_2143798.jpg

「クロエリセイタカシギ」ご覧のようにホソ~イ足ですね。
c0193947_21124676.jpg

次にここを訪れる機会があれば、フクロウの飛行シーンをモノにしたいです。
[PR]

by wakaba_19mg | 2009-02-25 21:32 | FA☆80-200F2.8 | Comments(2)
Commented by qchan1531 at 2009-02-26 23:43
2枚目見事な描写ですね。
絞りの使い方が、いつもながら巧みでありますね。
Commented by wakaba_19mg at 2009-02-27 21:00
恐れ入ります。
本来、飛びものなのに図鑑写真みたいになってしまって・・・ペンギンは飛びませんがね。


<< 陽光に誘われて      花鳥の花 >>