2009年 01月 24日
RICOH GR-D
デジタル一眼レフの広角側をカバーする目的でRICOH GR-Dを持っていますが、28mm相当の画角を活かした撮影に結構嵌ったりしています。
マクロ撮影では、レンズが被写体にくっつくまで寄れたりします。
c0193947_9165660.jpg





私には、シャター速度1/10秒程度が手持ち撮影の限界です。
c0193947_920399.jpg

こんなアングルでの撮影が簡単にできるのは、コンパクトカメラの利点ですね。名物の「くいだおれ太郎さん」も道頓堀から消えてしまいました。
c0193947_9292632.jpg

独特の青空表現はオリンパスブルーが有名ですが、それにも負けないGRブルーを二題
c0193947_9315616.jpg
c0193947_9321563.jpg

ワイドコンバージョンレンズを装着した画角21mm相当の作例も、そのうち紹介しますよ。
[PR]

by wakaba_19mg | 2009-01-24 09:36 | RICOH GR-D | Comments(2)
Commented by gs1150 at 2009-01-24 20:07
GRが欲しくてとうとう買わせました? 弟に・・・^^;
一眼にはない手軽さと、ポケットから取り出して撮る
お気軽さ・・・割り切った楽しい写真が撮れそう・・・

その代わり、クラッセWを買う羽目に・・・^^;
Commented by wakaba_19mg at 2009-01-24 21:08
gs1150さん&弟さん
ようこそGRの世界へ。
このカメラを使う側にも割り切りが必要なようで、楽しい写真を期待しています。
SUPER EBC FUJINON 28mm F2.8レンズ搭載ですか。こちらも相当に割り切っていますねェ


<< 大阪国際女子マラソン2009      私の住んでいる町 >>