2018年 02月 06日
ナショナル ワールドボーイSS RF-750
World boy SSと名付けられたナショナルのラジオの紹介です。このラジオは1969年(昭和44年)の発売でAMとFMの2バンドを受信でき、MFB音響を謳っています。
※MFB音響:Motional Feed backの略、松下電器が開発した歪み特性補正回路の呼び名で、音声電流に含まれる歪み成分を消し去り、艶やかな音を生み出します。
#1 手前の前期型RF-750と後2台は後期型RF-750D(1970発売?)です。前期型はIC採用無く11トランジスタ、後期型はICが採用され9トランジスタとなっています。
c0193947_14172797.jpg

#2 前期型、後期型ともに、操作面に変更はなく電源、ボリューム、音質切替ともスライド式です。音質切替は3段階(MUSIC/NEWS/SOFT)が選択できます。また、シリーズ唯一アンテナ先端が樹脂キャップで本体に設けた溝に格納されます。
c0193947_14263329.jpg

#3 パネルデザインは、左のシルバー、右のブラックにメッキモールをあしらったものの他に、チェッカー柄もあったようです。
c0193947_143013100.jpg

[PR]

# by wakaba_19mg | 2018-02-06 14:36 | FujiFilm X20 | Comments(0)
2018年 01月 28日
狭山池冬景色2018
気温の低い日が続いていますが、風のない日を選んで狭山池までやってきました。この日はボランティアの方々が「狭山池クリーンアップ作戦」で清掃活動をされていました。
#1 龍神社の鳥居を仰ぎ見る。
c0193947_1831058.jpg


More・・・
[PR]

# by wakaba_19mg | 2018-01-28 18:13 | FujiFilm X20 | Comments(0)
2018年 01月 10日
東芝 サウンド750(ナナハン)
年明けより、くずついた天候が続いており写真がありませんので、私のラジオコレクションから東芝製のラジオを紹介します。1970年代初頭から東芝サウンド750(ナナハン)シリーズが発売されましたが、SONYやナショナルには販売面では及ばなかったようです。当時、オートバイメーカ各社から排気量750ccのオートバイが出揃い、それらはナナハンと呼ばれ若者の憧れの的でした。
#1 手前から、750EX(RP-737F)、750F(RP-750F)、750GT(RP-760F)
c0193947_1725415.jpg


More・・・
[PR]

# by wakaba_19mg | 2018-01-10 18:09 | FujiFilm X20 | Comments(0)
2018年 01月 01日
あけまして、おめでとうございます。平成30年元旦
明けまして、おめでとうございます。

ゆっくりですが、更新を続けて参りますので、本年も宜しくお願い致します。

先程、散歩途中に撮ってきました。新春の陽光を浴びて輝いていました。
c0193947_1123893.jpg

[PR]

# by wakaba_19mg | 2018-01-01 11:40 | FujiFilm X20 | Comments(0)
2017年 12月 21日
ナショナル ワールドボーイRF-670/RF-690
1960年代後半から1970年代前半にかけて、松下電器(今のパナソニック)からワールドボーイと名付けられたラジオがシリーズ化されて発売されていました。
今回は、1967年(昭和42年)頃に発売されたシリーズ初期のRF-670とRF-690を紹介します。
#1 右がRF-670(World boy GO)、左がRF-690(World boy)です。両機ともにチューニングはローラダイヤルで行います。また、周波数表記は現在のHz(ヘルツ)ではなく、C(サイクル)です。
RF-670が9トランジスタで定価9.200円、RF-690が11トランジスタで定価11.000円でした。
c0193947_1732118.jpg


More・・・
[PR]

# by wakaba_19mg | 2017-12-21 17:49 | FujiFilm X20 | Comments(2)